日常に潜む歯の天敵とは?まさかのあれが・・・

 

「白い悪魔」といった粉、そういった知られざる影響についてご紹介します。

 

日常に潜む歯の天敵とは?まさかのあれが・・・

 

歯の黄ばみをインサイドから巻き起こし、身体で一番カチカチエナメル質すらもとかして虫歯までもたらすもの。

これに関しては・・・「砂糖」だと言えます。

食べやすいようにカッティングしたリンゴと叫ばれているものをしばらくの間そのままにして置くと、タイミングの一連の流れと共に黄ばん行なえます。こういったフィードバックを「メイラード反応」と言っています。

このフィードバックそれぞれによって歯は内部より黄ばんで向かってしまうことになります。頭に入れておいてほしいことはダイニングテーブルにわたり合えるどこにでもあるスパイスが「歯の黄ばみ」がもたらされる要因の一つにされているということはインパクトあることが重要となります。

そうしてからこの他には、「歯の変色」がもたらされるうんざりするものがありますから、そのことも触れておきたいと思います。お伝えしたいのはあたかも「お歯黒」!?これからの人生をまっさらの状態にする反作用が見られる薬とは?2、30年前、日本の様々な地域のデンタルクリニックから歯の変色ということあり得ないくらいのインフォメーションが専門機関に寄せられました。覚えておいてほしいのはグレーっぽい緑の含んだ黒色。こういった歯とは思えないかのような色を呈した、

これまでただの一人もお目にかかれない真っ黒い歯。

研究施設の調査それによってこの原因はいくらかの抗生物質によるインパクトであるということが明らかになってました。お伝えしたいのはこういったことに関した研究で、その抗生物質だけに限らず、これ以外の薬にもいつも変わらない働きをすることが叫ばれています。わかりやすく説明すると、風邪をひいた時によく飲む風邪薬なんかも歯の変色にかかわっているかもしれないのです。

万病の元!歯の汚さに絶対必要な脅威の物質ということは?

これまでテーマにした「原因物質」と見比べてみてもむずかしいものがあるということです。

これに関して頭に入れておいてほしいことはは、たった20分で歯の表面を覆い始め、そのままにしておくと細菌につれてドンドンと増殖してしまうことになります。この他には成熟すると歯をベットリと覆い、そんなに簡単にはできなくなるまでこびり付き、歯を真っ黄色としてしまいます。そういった物質とは「歯垢(プラーク)」あります。

歯の外面のきめの細かい凸凹に集合した歯垢が飲食物が原因で着色し、黄ばんでいくと考えます。その中には「オレンジ色」に及ぶまでされてしまう。歯の黄ばみに左右されることなく活性酸素をつくり出し体への悪い影響をもたらしてももたらす歯垢はできるだけ早く取り去りたいものと言えます。

歯が白くキレイともなるとどんな印象?

歯が美しいことによってインプレッションをより良くアップしられそうだことが考えられますが、いよいよフィーリングはどのぐらい様変わりするだろうと思います?あまり考えられませんが、1枚の写真を作製して比較対照してみると歯だけでなく、お顔ありとあらゆるイメージもぐっと明るくわかりやすくなって窺われるのがうかがえます。

先ほどの内容のアンケート用紙では、いずれも歯の色だけに限って差をつけた人物写真を使用してインプレッションを調査したところ、白い歯は黄ばんだ歯に対して〈男女ともに平均3歳若く見えます〉と見られているあっと驚く結果が現れています。それのみならず、次にあげるような様々な項目で高い評価をされていることが確認できました。

歯がクリーンな人に対するイメージは? ○笑顔が能力を活かしている ○モテそう、キレイ、キュート ○安心できる、取り入れたい ○クリーンさがある、明るい、さわやかいかがでしょうか?歯の色がこれ程までにイメージを決定づけるとなると、黄ばみを克服して白い歯をゲットしたくなりませんか?