葉の黄ばみが起こってしまうプロセスや要因とは?

 

 

歯の黄ばみということまいっている方というものは考えていたより多いようです

歯の白さに向かっての調査で「歯が黄ばんでいる人にどんなふうな印象を受けるか?」という問いあわせをしてみたら、84%の人が「笑顔の輝きが減る」、80%の人ながらも「不潔に見える」というようなお返事をしたそうです。

歯が黄ばんでいるのはマイナスのイメージをプラスしがちなそうなんです。

これ以外には、「歯が黄ばんでいるといくらくらいイメージdownするか?」かのような問いあわせの結果を見ると、「50%以上イメージダウンする」かのような回答がトータルの約7割を独占しいたようです。

当初から歯の色は肌や髪の色と一緒のようなもので個人差が見られ、生まれてこの方白い人もいたとしたら、黄色味を帯びた人もいるというわけです。これ以外には、歯の表面のエナメル質の厚さや透明度合い、凹凸などにおいても歯の色の見え方が変化したりします。歯の色が黄ばんでいく要因として次にあげるようなものがあるということです。

歯の黄ばみは、加齢や食べ物などライフサイクルから 若々しい時代はことさら白かったのに、どういうわけで、こんな感じの黄色みを帯びてきたのだろう…? 気になってしょうがない歯の黄ばみが発生する原因は2つに区分すると2つあります。 

1つは、加齢が原因のもの。 歯の外面は半透明のエナメル質で覆われており、この下に象牙質という名の黄色い層が存在します。歳を経るにつれて、エナメル質はジリジリと薄くなって向かって、象牙質の色は、じりじりと濃い色になってきます。そういった末、エナメル質という事から下の象牙質の色が透けて、黄色に近いように窺われることになってくるのです。 

そうしてから、2つめは、食べ物などによるアウトサイドよりの着色です。 頭に入れておいてほしいことはコーヒーカップや湯飲み茶わんに茶渋が到着するように、コーヒー、紅茶、日本茶、烏龍茶というようなお茶類。赤ワイン、コーラ、ブルーベリー、木イチゴ、カレーなどカラフルな食材の多くは、歯に着色される可能性が高いという性質があります。

 こういった食べ物に含まれる着色成分はどちらでも、始めのころはなんてことのない歯の表面の汚れですが、歳月がたつにつれ、だんだんエナメル質内において染みこみ、歯磨きでは落ちません。 

これ以外に覚えておいてほしいのはは、タバコのヤニも歯が変色する大きなきっかけとなっています。 頭に入れておいてほしいことは神経を抜いた歯が茶色くなるケースでも これ以外に歯が変色する原因としてウォッチされるのが、虫歯の治療などで神経を抜いてしまった時はです。

時間がたつにつれて、歯が内側から茶色に変色してくることが起こります。この現象は神経が死んでしまい、象牙質に栄養が広まらなくなってしまいましたために起こる現象です。

 お伝えしたいのはこれに対して、加齢や生活習慣とは無関係に、歯が変色している人もいます。このポイントは、永久歯が形づくられる7歳ごろまでの幼児期に、テトラサイクリンという抗生物質を飲みつけていたインパクトだとされています。症状からすれば、歯肉と歯の境目のゾーンが、帯状に茶色く変色したり、縞模様が出来たりします。歯の表面全体が褐色になるおそれがあり、色のつき方には個人差が見受けられます。 こういったように、歯が黄色っぽくなる変色は、外の方からの原因と内の方からの原因があるのです。