すぐにわかる!?歯に色がついてしまう4つの原因

 
 
今回は歯が黒ずんでしまう原因4つをまとめてみたので参考にしてみて下さい!
 

1虫歯で黒ずむ

 
虫歯になってくれば歯が黒ずんできます。
歯の溝といったものが黒くなりスタートしいるはじめの虫歯はカットすることが大切でありませんが、
スタートしたらパワーアップしていたり、拡がっていき始めている虫歯は進行性ができるよう、お手入れをすることが求められます。解決方法小さな虫歯でも歯がある中から広がりを見せているケースがあり、レントゲンや虫歯の深さを計測するレーザーでトライしてから歯をコントロールするジャッジメントに当たります。
治療薬はプラスティック、ハイブリットレジン、セラミックといったもののホワイトの材料でお手入れすることが可能だと言えます。
 

2銀歯

銀歯の金属イオンが歯や歯茎に手落出し黒っぽくなるケースがあります。
金属は濡れているところに存在していると、イオン化してあふれ出ていくと考えられます。
これによって金属のイオンが歯や歯茎に拡大して黒味をおびるのです。解決方法金属イオンが拡大して黒ずんだ箇所はどうしようもないのですが削ぎ取らないと白くは出来ないことになっています。できる限り黒っぽくなった部位をとっておいた白いパーツで治癒します。これに伴って金属を使用しない治療に影響されることなくから気をつける必要があります。
 

3内容物の劣化

プラスティックはコンパクトな虫歯に機能するにはおすすめのパーツです。しかしながら、合成樹脂は口の中にある水分を吸いこみ、悪い状態になるので3、4年くらいで変色し、黒味を帯びてきます。
 

4歯の神経が存在しない

 
歯の神経が消え失せると歯は黒味を帯びてきます。歯の神経が消えると、歯は枯れ木があるのと同じく水分を失い黒っぽくなってきます。すぐさま引き抜けることはないのですが、歯は脆弱になり、欠けたり、ひび割れたりしますから、歯の寿命が縮小されます。対処方法歯の神経がない歯はうちより黒っぽくなってしまいますから、ベースを立て、セラミックなどでかぶせることが求められます。しかしながら、そういうわけで金属においての治療に手をだすと金属がベースになって黒味を帯びてしまいます。