歯が黒くなってしまう原因はこれ⁉まさかの・・・

 
 
ヤニやカラーリングで黒っぽくなるたばこや紅茶、ワインというようなもので歯に着色が引っつくと歯が黒くなります。
 
カラーリング自体悪いものじゃありませんが、はた目にはおすすめできませんよね。
お手入れおウチにいながらはホワイトニング用ハミガキを使うと効果が期待できます。
ホワイトニング用ハミガキ粉にはカラーリングを浮かすもとや歯の表面をすべすべと考えて着色を着きにくくしています。
こびりついた着色は歯科医院のお手入れできれいにします。
けれども、歯の溝と一緒に染み込んだ着色は歯のホワイトニングでなければ減量することができないケースがあります。
 

1歯石

 
歯石は白や乳白色の系統が一般的です。
しかしながら、歯周病が悪くなっている方の歯石は、歯茎からの出血で歯石がつくられることが要因で、歯石が黒くなってしまいます。
 
解決方法歯周病の医療をプロモートしていることが重要となります。歯周病はひどくなればカバーするのがハードルが高すぎる疾患です。これ以外には、歯周病は歯を失うとは関係なく、歯茎から歯周病菌が血にのぼり侵入して来て、循環器や糖尿病といったものの体の病気のトリガーになります。
 

2薬のインパクト

 
薬が原因で歯が黒っぽくなっている方はずいぶん苦悩している方がたくさんいます。妊娠中やこどもの時に抗生物質の関係によって歯が黒ずんでしまうということがあるということです。歯自体は駄目ではないので、そのままにするか、セラミックなどで白くするか難しいところです。対処方法歯の表面ともかくを減少してセラミックのシェルをくっつけるラミネートベニアでカバーします。できる範囲であなた自身の歯をストックすることを意識します。ホワイトニングではパワーアップさせないか、引き返してしまうかもしれません。